シャンプーが泡立たない原因!汚れはちゃんと落ちる?

シャンプーが泡立たないことってたまにありますよね。

泡立たないと洗った気がしませんよね。また、ちゃんと泡立てないとどのような弊害があるのでしょうか?

この記事では、シャンプーが泡立たなかったらどうなるのか?泡立てる方法はあるのか?

について紹介していきます。

 

シャンプーが泡立たない3つの原因

悩む女性

シャンプーが泡立たない時の原因を3つ挙げてみました。

このほかにもあるかもしれませんが、だいたいこの3つが原因ですので心当たりがあったら改善してみましょう。

  1. 皮脂汚れ
  2. 整髪料
  3. 髪の痛み

 

皮脂汚れがひどい

皮脂汚れが酷いと泡立たないことがあります。

夏場で汗を沢山かいたときは、特にそのようなことが多いですね。

元々頭が脂っこい人も泡立ちにくいです。

 

整髪料をつけている

ワックスやヘアスプレーを使用していると泡立ちにくいです。

ほとんどのワックスが油でできているため、この油にシャンプーの洗浄成分が持っていかれてしまいます。

そうすることで泡立たなくなります。

整髪料を使用している人には、2度シャンプーがおすすめです。

1度目のシャンプーで髪に付いている整髪料を落とす。

2度目のシャンプーで頭皮をきれいに洗い流す。

そうすることで泡立ち感が全く違ってきます。汚れもすっきり落ちることで爽快感も増して良い気分になれますよ♪

 

髪が傷んでいる

キューティクルに洗浄成分が吸収されて、髪が泡立たなくなる症状。

髪を染めたりパーマで髪が傷んでいる状態だと、全く何もしていない状態と比較して泡立ちが全く違います。

しかし、髪の汚れや整髪料が原因で泡立たないことがほとんどです。

 

泡立ちにくいシャンプーを利用している

最近続々と発売されているらしいのですが、泡立ちにくいシャンプーが販売されています。

また、ノンシリコンシャンプーも泡立たないので注意が必要です。(別に注意というレベルではないけど)

ノンシリコンは髪や頭皮には好影響を与えますが、泡立ちにくいというデメリットがあります。

 

泡立たないリスクってある?

悩む男性

シャンプーをちゃんと泡立てないとどのようなリスクがあるのでしょうか?

  1. 汚れが落ちない
  2. 髪が傷みやすくなる

 

汚れ落ちが不十分

汚れを浮かすことができなくなるため、汚れが残ってしまいます。

そうなると、頭皮環境が悪化したりニオイがしたりします。

皮脂が毛穴に詰まった状態になってしまうと頭皮トラブルが発生する原因となってしまいます。

しっかり泡立ててさっぱり洗い流したいところです。

 

髪が傷みやすくなる

シャンプーすると髪が絡みますが、その際に髪同士の摩擦が起きやすくなります。摩擦が大きくなるとキューティクルがはがれやすくなってしまいます。

このことにより髪が傷んでしまいます。

 

泡立ちを良くする方法

泡立てている

原因の逆のことをすれば問題ありません。

皮脂汚れが酷い人は、事前にプレリンスでしっかりと汚れを落としれからシャンプーしてください。

プレリンスとは予洗いのことで、シャンプーを付ける前にお湯で頭全体を洗い流すことです。できればシャワーを利用したほうが効率的です。

指でほぐして2分ほど洗い流しましょう。

そうすることで、清潔な髪と頭皮を取り戻すことができるでしょう。

また、シャンプーネットを利用するのも手です。私は面倒なのでそのような事はやっていませんが、しっかり泡立てることによりシャンプーが髪や頭皮に残りにくくなるというメリットがあります。

シャンプーが頭皮に残留してしまうと、匂いの原因になってしまいます。泡立てることで、シャンプー後のすすぎで流れやすくしましょう。

是非一度試してみてください。

 

シャンプーは大量に使用する必要はありません。ショートカットの人ならワンプッシュ。セミロングでも2プッシュもすれば十分な量です。

シャンプーを多く使う考え方よりも、プレリンスで汚れを事前に落として泡立ちに注視していきましょう。

将来的にもそちらのほうが絶対にいいです。

シャンプーを使いすぎると、コスト面はもちろん頭皮にシャンプーが残りやすくなり、将来の抜け毛に繋がるという事もありえます。

なので、少ない量で泡立てるという事を意識してください。

 

ブラッシングも有効手段

入浴前にブラッシングすることで、髪のもつれがほどけて、ホコリも落ちやすくなります。

そうすることで泡立ちをよくすることもできます。

くしはブラシタイプのものがおすすめです。

頭皮マッサージも兼ねて使用してみることをおすすめします。

 

  • プレリンスをする
  • シャンプーネットを利用する
  • 入浴前のブラッシング

 

シャンプーが泡立ちしにくい原因まとめ

シャンプーが泡立ちしにくい原因やその影響、泡立てる方法について紹介してきました。

やはり泡立たないというのは、洗った感を感じられないため何とも不快な気分になってしまいます。

プレリンスで、かなりの汚れが落ちると言われています。

私の体感ですが、実際にプレリンスのみで洗髪を終えたことがあるのですが、不快感はかなり残りますね。

人によって皮脂の分泌量が違う影響もあるのかもしれませんんが、しっかり泡立ててシャンプーしたほうが汚れは確実に落ちます。

 

【参考】

泡の構造とダイナミクス