シャンプーの選び方!失敗しない自分に合ったものを選ぶ

シャンプーを選ぶ時についやってしまうのが見た目の良さやブランドで選んでしまうというのがあります。

確かにそういう選び方をしておけばなんとなく良いような気がするというのはあります。

 

ですが、そういう選び方をしていても良いシャンプーは選べないというのがあります。重要なのは見た目やブランドではなくそのシャンプーを使う事で頭皮にどういう影響があるかとか、髪にどういう影響があるかなどを重視して選んでいくのが大事です。

 

また洗浄力も単純に高いものを選ぶのではなく頭皮を適度に保護できる程度の洗浄力があるものを選んでいくのが大事です。

 

そうすればシャンプー選びで後悔する事もかなり少なくなると思うのでブランド等で簡単にシャンプーを選ばない方が良いです。

それでは詳しく解説していきますね。

 

シャンプーの種類について

シャンプーの種類

シャンプーは大まかに分けると石油系、アミノ酸系、ベタイン系、石鹸系に分かれており、石油系シャンプーは洗浄力が強く、汚れがとても落としやすい反面、肌が弱い人には向いていません。逆にアミノ酸系シャンプーは洗浄力は弱いですが、髪に優しいのでヘアカラーなどをして髪にダメージがある人におすすめです。

アミノ酸系よりももっと肌にやさしいと言われているのがベタイン系シャンプーで、敏感肌の人にとてもよく、石油系のシャンプーの洗浄力緩和のためにもベタイン系と混ぜたシャンプーというのも存在します。

石鹸系シャンプーの特徴はアルカリ性分でできているので脱脂力があり、頭皮の脂をしっかりと取り除いて毛穴を広げてくれる反面、髪の毛がややごわつきヘアカラーの色落ちの原因となることもあります。

これらのメリットデメリットを踏まえて自分に合ったシャンプー選びが大切になってくると思います。

シャンプーの種類 特徴
アミノ酸系 肌に最もやさしい
ベタイン系 敏感肌の人向け
石鹸系 脱脂力が強いがヘアカラーの色が落ちる
石油系 洗浄力が強いため敏感肌には向いてない

 

シャンプーの選び方について

シャンプー選びで悩む女性

オーガニックシャンプーの短所はシャンプーの使用感が悪いことです。

自然成分の構成多くなるオーガニックシャンプーは髪のコンディション整えるシリコンがなくて、シャンプーの使用感など悪くなりがちです。

ノンシリコンは髪、頭皮に優しいといった利点がありますが、シリコンは神の手ざわり、見た目きれいにとちた利点があります。

そして、使うシャンプーによりますが、シャンプーの泡立ち悪さ、シャンプー・トリートメント後の髪の軋みなどでメリットです。そして、有機栽培した植物成分原料のオーガニックシャンプーは頭皮にやさしい天然洗浄成分使用していて、通常のシャンプーよりもコスト高いことがあります。

 

そして、通常のシャンプーは約3年が消費期限ですが、オーガニックは1年以内のものがあります。

 

オーガニックシャンプーの一番のメリットは髪に優しいです。髪への刺激が少なくて地肌荒れるk十もあなくて、余り髪にダメージ与えず、汚れを洗い流せます。通常のシャンプーは手に取った瞬間良い香りしますが、それだけシャンプーに香料はいってる証拠です。

 

一方でオーガニックシャンプーは自然な香りして、天然成分しか入ってないのがすぐにわかります。ストレスが原因で頭皮湿疹になってる方には、とてもオーガニックシャンプーはお勧めです洗浄力強すぎず、ダメージ与えない髪に優しいシャンプー探していれば、オーガニックも視野入れてください。

 

そして、一見メリットだらけですが、デメリットもあり、何より価格が高いということです。注意しましょう。

 

  • オーガニックシャンプーは頭皮や髪に優しい
  • オーガニックシャンプーは泡立ちが悪い
  • メリットもあればデメリットもある

 

シャンプーの選び方まとめ

化学成分、添加物オフにして頭皮、髪に刺激少ないのが一番の特徴なのがオーガニックシャンプーです。赤ちゃんにも利用できて、小さいお子さんの肌いたわるママにも選ばれてます。

そして敏感肌などある方にもお勧めです。

まずはオーガニックシャンプーを試してみるのが無難かもしれません。

 

さらにハーブなど天然成分の柔らかい香りで、リラックス効果期待できて、人工的香りが苦手な人にも注目されています。

 

天然由来の優しい洗浄力で洗い上げ、必要以上に皮脂落とす洗浄成分はいってないことがポイントです。

 

そして皮脂は頭皮守バリアのようなものであり、オーガニックシャンプーは適度に皮脂のこして頭皮の状況を健やかにしてくれます。

 

また、海面活性剤の洗浄力が強すぎるのがシャンプーによる頭皮トラブルの原因です。

 

できるだけ肌に優しいものを選ぶのが無難です。

 

【参考】

https://www.ozmall.co.jp/cosme/shampoo/